使用上の注意

1.「PB SIMULATOR」と書かれたフォルダーを開いてください。その中に、「START」と書かれたファイル1個と、「DATA FILES」と書かれたフォルダー1個が入っていますので、「START」と書かれたファイルをダブルクリックするとシミュレーターの最初の画面が出てきます。「DATA FILES」と書かれたフォルダーについては、内容が変更される可能性があるので、開かないで下さい。

2.インターネットブラウザーのセキュリティの設定によっては、「セキュリティ保護のため、コンピューターにアクセスできるアクティブコンテンツは表示されないよう、Internet Exploreで制限されています。オプションを表示するには、ここをクリックしてください…」というバーが表示(マイクロソフト社のInternet Exploreの場合)される場合があります。このため、そのバーをクリックし、表示されるメニュー中の「ブロックされているコンテンツを許可(A)…」を選択、「スクリプトやActiveXコントロールなどのアクティブコンテンツは役に立ちますが、コンピュータに問題を起こすものもあります。このファイルでアクティブコンテンツを実行しますか。」の問い対し「はい(Y)」をクリックしてください。なお、そのまま使用しても特段の問題は生じません。

3.ツールバーに複数の機能バーが表示されていると、画面の縦方向の長さが短くなりますので、ボタンのクリック動作が行いづらくなります。

4.シミュレーションコースの選択後に表示される最初の画面は、横浜内港部の参考図です。この参考図は海図ではありませんので、実際の航行には、正確な海図を使用して下さい。なお、この参考図は、上が北になっています。

5.参考図上で、選択したコース周辺の情報を確認してください。表示したい情報のアイコンをクリックすると、新しい画面にそれが表示されます。新しい画面は見終わった都度、閉じて下さい。選択したコースのシミュレーション開始は、参考図の下にあるスタートボタンをクリックして下さい。

6.シミュレーション画面は、左右の画面に分割されています。右画面には、参考図コースライン上にシミュレーション上の自船の現在位置が赤の矢印で示されます。この画面においても、選択したコース周辺の情報を確認(左画面に表示)することができます。左画面には、自船の現在位置から見える眺望(静止画)が表示されます。この画面においても、表示されている物標のアイコンをクリックすることにより、その物標に関する情報を右画面に表示することができます。また、「夜間」をクリックすると、夜間における眺望(静止画)と、夜間航行上の注意事項が表示されます。それらの情報を表示する画面は、見終わった都度、ブラウザーの「戻る」ボタンで閉じて下さい。

7.このCDに納められたシミュレーショターに関連する電子ファイルは、通常のパソコンでコピーすることが可能ですが、内容に変更が加わる可能性もあるので行わないで下さい。

8.このシミュレーターに関する問い合わせ等は、社団法人 関東小型船安全協会までお願いします。

 〒231−0002 横浜市中区太田町4−47 コーワ太田町ビル2階
 TEL : 045-201-7754  FAX : 045-201-7758   Mail : ksak@d5.dion.ne.jp